ProcessLine

SpraySpy® ProcessLine

 

SpraySpy® ProcessLineはスプレー技術を用いた塗装やコーティング工程におけるスプレー状態のインラインモニタリングを目的とした製品郡です。これは非常に独自性の高い機能といえます。

この装置は、スプレー粒子のサイズ・速度・数を認識し、それらのデータを独自のSprayKI®アルゴリズムを用いてAI(人工知能)により処理するこにより、スプレー状態の僅かな変化(異常)でさえ、自動的に検知することが可能です。

SpraySpy®用いたスプレー状態のインラインモニタリングにより、スプレー塗装・コーティング工程の不良を60%程度防ぐことができます。

このシステムのセンサーはスプレー工程にインラインで組み込むことができるので、スプレー品質の24時間監視システムを構築することが可能です。専用ソフトウェアSprayKI®により、計測データがリアルタイムで解析され、スプレー状態の良否が判定されます。

監視データをローカルあるいはクラウド上に保存するとこにより、スプレー状態の記録を残すことができます。更に、監視データを用いて、スプレーシステムのメンテナンス時期の予測やフィードバック制御に応用することも可能です。

SpraySpy®に実装された様々な独自の革新的技術(特許取得)により、信頼性の高いスプレー品質監視システムの構築に応用することが可能です。

ProcessLineの主な特長:

  • スプレー粒子のサイズと速度の同時計測
  • 2%以上のスプレー状態変化の検知
  • AI(人工知能)技術を応用した専用ソフトウェアSprayKI®によるデータ解析
  • スプレー工程のインライン品質監視
  • 一般的なスプレー品質異常の最大60%程度をリアルタイム検出
  • 防爆対応、静電塗装対応

 

さらに詳しく

カタログダウンロード